富山市で口コミ1位の歯医者・歯科|とやま歯科医院

診療時間
09:00~12:30 - -
14:00~19:00 - -

☆…金曜午後は17時まで / △…土曜午後は16:00まで
火・日祝日休診

076-425-0418

〒930-0982 富山県富山市荒川5丁目1-1 [MAP]

メタルボンドとオールジルコニアとの違い

スタッフブログSTAFFBLOG

メタルボンドとオールジルコニアとの違い

2017年04月03日

メタルボンドとオールジルコニアはどちらも歯医者で自費治療として使われる材料です。セラミックなので保険の材料とは違い変色がなくよく審美治療に使用されています。
しかしメタルボンドは中に金属が使われていのに対し、とオールジルコニアは全てセラミック素材で出来ているという違いがあり、それぞれ長所短所があります。
メタルボンド外から見える部分にのみセラミックで、中身は金属でで出来ているクラウンです。
表面はセラミックのため見た目が良いのと、中身が金属なので強度があり、前歯だけでなく奥歯にも使用できるなど、ほとんどの部位に使用可能です。
しかし欠点としてはオールセラミックに比べると透明感がないこと、裏側から見ると金属が見えること、金属の種類によっては、金属アレルギーなどを引き起こす可能性もあるということがあげられます。
ジルコニアは「人工ダイヤモンド」とも呼ばれ、セラミックのなかでも一番優れた耐久性を誇ります。オールジルコニアはその名の通り、全てジルコニアで作ったクラウンということになります。
セラミックは自費治療として歯科で使われてきたしたが欠点として強い力が加わると欠けてしまうということが問題でした。そのため、前歯の審美治療として使われることが多かったのですが、近年、欠けないセラミックでジルコニアが注目されています。ジルコニアはセラミックの中で最も硬い材料なので奥歯の被せ物としても可能です。欠点としては、今までのセラミックに比べると強度のある分透明感に劣り色の再現性が悪かったのですが、最近では色付けする技術が向上し審美性が改善され、歯医者では審美性も耐久性申し分のない最上級の素材とされています。
しかしその分値段が高いのがデメリットでもあります。およそのオールジルコニアで治療をすると15万円程度はかかるのが相場です。メタルボンドの場合は8~10万円程度なので1.5~2倍程度の開きがあります。どちらも強度には問題なく、違いは金属を使われているかと審美性によるものなので、治療したい部位とにより、考えてみることをおすすめします。

  • 歯科用CT
  • とやま歯科医院取扱商品
  • 富山市のとやま歯科医院の内観
  • 富山市のとやま歯科医院の外観
  • 広々とした診療室
  • ゆったりとした玄関
  • キッズルームは存分にお楽しみいただけるたのしさ溢れる空間
  • 待合室でおくつろぎください

pagetop